厨房設備施工例


そば店(立ち食い): 席数 10席 (厨房 約3坪)
厨房機器費用(標準価格ベース) 2,917,719 円


No. 品名 型式 間口 奥行 高さ 数量 標準価格
(税抜)
1 冷凍冷蔵庫  

1200

800

1905

1

958,000

2 2槽ゴミ入水切付シンク  

1500

600

800

1

224,100

3 パイプ棚 BPS25-15

1500

250

240

1

26,000

4 吊戸棚 BCS9-1535S

1500

350

900

1

94,000

5 コンロ台  

700

600

650

1

57,780

6 卓上コンロ M-822DC

300

540

189

2

80,000

7 スープレンジ  

600

580

450

1

114,000

8 炊飯台 BW-066C

600

600

800

1

59,400

9 ガス炊飯器  

450

421

407

1

33,800

10 電子ジャー  

435

358

315

1

27,700

11 調理台 引出付 BWD-066

600

600

800

1

63,800

12 湯煎 MGY-066C

600

600

800

1

192,000

13 麺釜 MRK-046B

450

600

800

1

315,000

14 1槽シンク  

350

600

800

1

70,200

15 製氷機  

398

446

770

1

318,000

16 ウォータークーラー  

252

362

519

1

70,000

17 ガス給湯器        

1

75,000

  諸経費・搬入据付費    

138,939

 

2,917,719

 チェックポイント

立ち食い店ですので、席はありませんが、10〜15名程度の店舗です。

分類として、和食のそば店とはしてありますが、ご存知の通り、実際は、そば・うどんから、丼もの、カレーライスまでの提供を行います。

ポイントは、店舗スペースが限られ、しかも時間あたりの提供食数が多いため、1にも2にも効率化です。提供するメニューを決め、それに合わせて最小限、かつ最大効率の機器を設定してゆきます。このお店の場合は、メニューにさらにラーメンがあるため、スープレンジを入れ、麺釜もラーメンの茹で上げが可能な機種を導入いたしました。

このことは、逆に言えば、稼動後に「客単価を上げるために新メニューを・・」となった場合、設備面でどうしようもないケースが出てくる、ということでもあります。

小さいお店だからこそ、事前の調査・打ち合わせが大切。ぜひ、経験豊富なマルゼンにご相談ください。



「イラスト無断複製転載を禁ず ((株)MPC「ビジネスイラスト集CD−ROM版」より)」