マルゼングループ|採用情報サイト
― 製品開発 ―
池田 光宏
研究開発センター
2016年入社
今はどんな仕事をしていますか?

業務用厨房機器の製品開発
私は現在、飲食店の厨房や病院、学校の食堂などで使われているフライヤーやガスコンロ等の業務用厨房機器の開発業務に携わっています。私が任されている仕事はスチームコンベクションオーブンの試作機の組立や、その試作機を使用しての実験です。試作機の組立は工具の使い方や、ちょっとした専門用語も全く分からない中での作業でしたが、上司や先輩に教えていただきながら徐々に理解を深め、作業をしています。ですが、まだまだ勉強をしていかなければ製品開発はできないので、試作機の組立や実験をしながら実物に触れることで、使いやすさはもちろんですが、安心・安全を前提とした製品開発ができるように知識や経験を深めています。

一番うれしかったエピソードはありますか?

モチベーションの向上
現在任せてもらっているスチームコンベクションオーブンの実験で思うような結果が出なかった場合に改善を目指して手直しを加えるのですが、最初の頃は製品の全容を全く理解できていなかったため、上司や先輩に指示されるがまま手直し作業を行っていたのですが、少しずつですが私の知識も増えてきて、ただ作業を行うだけでなく何を目的にこの実験をしているのかという事を理解できるようになり、実験結果を良いものとするためにどうすればいいか私の意見も徐々に言えるようになりました。その意見が少しでも採用されたときはうれしいですし、的外れな事を考えてしまったときは自分はまだまだ勉強が足りないと痛感します。ですが、次は自分の意見で上司や先輩を納得させてやるというモチベーションにも繋がっています。

ズバリ!この会社を選んだ理由はなんですか?

やりたいことを身に付けられる企業
私は大学の機械工学科でものづくりについて学んでいました。授業で行っていた製図やCAD、機械加工の実習などにやりがいを感じていたので「これに卒業後も仕事として関わりたい、もっと知識や技術を身に付けたい」と思っていたところ、大学の就職サポートからマルゼンの研究開発センターを紹介していただきました。「ここなら設計を1からできる、自分のやりたいことができて自分の力にできる」と思い、この会社を選ぶことに決めました。

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動中は自信を無くしてしまうとき、面接でうまくいかないときもあると思いますが、内定が出ないからといって失敗したわけではなく、企業とあなたのお互いに求めるものが違っただけです。なので、まずは自分に合った企業を見つけるために職種にとらわれず色々な企業の説明会に出てみてください。