マルゼングループ|採用情報サイト
― 営業 ―
三上 真里奈
首都圏ルート支社
2017年入社
今はどんな仕事をしていますか?

業務用厨房機器の提案営業・販売
販売店へ業務用厨房機器のルート営業を行っています。厨房機器というと飲食店をイメージすると思いますが、病院、保育園、福祉施設といった飲食店以外の場所も多く関わっています。販売店によって、製品の需要が変わってくるので、それに合った製品をご提案できるように、努めています。ルート営業は実際にご使用するユーザー様が相手ではないので、販売店から現場の状況を詳しく聞き出すことで、お客様に合った製品を正確にご提案できると思います。コミュニケーションがとても大切な職業ですので、相手のこと知り、自分の事も知ってもらえるような営業を心がけています。

一番うれしかったエピソードはありますか?

親身に対応し、喜ばれたこと
お客様からお問合せを頂き、製品について調べて、製品の性質を理解し、用途や使用場所等御打合せを行いました。お客様のお話を聞き、どういうものが目的に合っているのかを考え、製品を比較しご提案しました。まだわからないことも多く、上司や先輩に聞き、教えてもらいながらの作業でしたが、「希望の製品を見つけることができた。ありがとう。」と言って頂いた時に、すごく嬉しかったです。お客様との信頼関係にも繋がるので、一つ一つ丁寧に対応することがとても大切であると感じました。

ズバリ!この会社を選んだ理由はなんですか?

人と関わることが好きなので、営業を通してたくさんの人と関わりたかったからです。
お客様がどんな製品が欲しいのか汲み取り、お客様に喜んでもらえる営業をしたかったので、業務用厨房機器メーカーとして、様々な製品を扱っているマルゼンはとても魅力的でした。自社製品はもちろんですが、仕入品の取り扱いも豊富なので、よりお客様のご要望に応えることができると思いました。

先輩からの就職活動アドバイス!

仕事内容や扱っている商材に対して興味が持てることが大事だと思います。なるべく色々な会社見て、視野を広げてみることで、新しい興味が湧く可能性もあります。就職活動期間は自分について考える良い機会です。貴重な1年間だと思いますので、早く就職活動を終わらすよりも、納得いくまでやることをおすすめします。