マルゼングループ|採用情報サイト
― インストラクター
(スチームコンベクションオーブン) ―
及川 玲佳
管理栄養士
2015年入社
今はどんな仕事をしていますか?

業務用厨房機器の販売促進、調理サポート
私は現在、研究開発センターの栄養士として、全国各地で開催している調理講習会やビッグサイト等で行われる展示会での調理実演、販売先へのフォローのための調理指導、また開発中製品の調理実験やレシピの作成等を行っています。 業務用厨房機器をご使用頂いているお客様は、外食、病院、福祉施設、学校、食品工場等、業種は様々です。調理講習会では、このような様々な業種の方に向けて、製品の活用法、快適な環境づくりの提案を行い、お客様の製品に関するお悩みを調理の面から解決を図ります。まだ知識や経験も浅く、先輩方の力を借りる場面も多くありますが、入社当初に比べ、少しずつ自分の言葉で、お客様に製品のPRができるようなったと感じています。

一番うれしかったエピソードはありますか?

お客様の笑顔
調理講習会は、製品プレゼンテーションの場だけではなく、製品を導入されているお客様からの直接お悩みを聞き、解決の糸口を見つけていく大切な場でもあります。 入社して間もない頃、調理講習会のアシスタントをした際、お客様から質問を受け、つたないながらも調理のポイントを説明しました。その際、「早く現場に帰って、今回頂いたレシピを実際に調理したいです」、「またお悩み相談させてくださいね」という言葉と笑顔を頂きました。お悩みを解決できた時のお客様の笑顔は、私の原動力です。

ズバリ!この会社を選んだ理由はなんですか?

幅広いとおいしいを仕事に
マルゼンの製品は、多くのお客様にご使用頂いています。学生時代に、私がよく足を運ぶ飲食店の厨房内には、いつも同じマークがあり、それがマルゼン製品のマークでとても親近感が沸きました。また、栄養学科で学んだ調理・栄養に関する知識や管理栄養士の資格を生かした仕事に就きたいと思い、就職を決めました。キッチンコンサルティング室には、豊富な知識と経験のある講師陣が多く、勉強の日々です。これからもお客様の笑顔のために、厨房機器を通して、お客様の快適な環境づくりに尽力してまいります。

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は、自分自身が何に興味があるのか、どんな職業に就きたいのか、自分自身と向き合う事が多くあり、不安になる事が多くあると思いますが、諦めずに前に進む事が大切です。家族や友人への感謝の気持ちを忘れず、自分の道を切り開いて欲しいと思います。