株式会社マルゼン会社案内

会社案内

 

 

業務用総合厨房機器メーカーが創る21世紀。

 

ご挨拶にかえて

 

 当社は昭和36年の設立以来、ホテル・レストラン等の外食産業はもちろん、学校・病院・福祉施設・給食等の集団給食、スーパーマーケット・コンビニエンスストア等の中食産業に至るまで、フードサービス産業全般をささえる業務用厨房機器の総合メーカーとして、日本の食文化の発展に寄与してまいりました。
 そもそも世界の人々の永遠のテーマといえる「食」。社会の発展とともに成長してきたわが国の食文化は、24時間という制約もなく、ありとあらゆる業種業態に広がりを見せ、いまや日本は世界でも有数の豊かな「食」の国となりました。
 それでもなお多様化を続ける日本の「食」。これまでもマルゼンは、厨房機器の開発を通じて豊かな食生活を提供し「社会への貢献」を果たしてきました。それは家族の楽しい食事タイムや、病院や福祉施設における健康回復のための食事、一方では日本の将来を担う子供たちに対する食育等々、言い尽くせないほどさまざまな場面で役立ってきたのです。半世紀以上に渡る厨房機器メーカーとしてのマルゼンの活動は、まさに「食文化の創造」そのものでありました。
 そして21世紀の今、総合厨房機器メーカーとしてマルゼンが成すべきことは、新しい時代の食文化そのものを創造すること。そして新しい社会の発展に寄与すること。それがトップブランドの責任。これからもマルゼンは企業理念「顧客第一主義」を貫き、お客様のご要望に沿った先進の最適厨房システムをご提案してまいります。そして設計・施工、納品、アフターサービスまでの一貫した自社サービス体制をワンストップでご提供し、万全の体制でフードビジネスをトータルにサポートいたします。

 

 

代表取締役社長
渡邉 恵一

 
取締役副社長 営業本部長
石川 牧夫
常務取締役 管理本部長
萬實 房男
常務取締役 
研究開発センター担当

石崎 孝治

 

取締役 営業担当
(首都圏地区)
菊地 徹
取締役 営業担当
(中部・近畿地区)
竹原 直之
取締役 営業担当
(営業開発部)
浅井 耕一
取締役 営業担当
(東関東・南関東地区)
山野井 誠

 

社外取締役
鎌田 栄次郎
社外取締役
中丸 康
常勤社外監査役
杉本 尚樹
社外監査役
長坂 修
社外監査役
古明地 宏

 

 



大地を耕すように
フードビジネスの明日を
マルゼンは考える。

 

マルゼンブランドの責任。
"食"の一歩先へ、時代の先を予見する戦略立案。

 マルゼンは、常に、総合厨房機器メーカーとして「食」に携わり、明日を見つめています。テクノロジーの進歩が、新しいコミュニケーションを創り、新しいモノ・便利なコトの情報は瞬時に拡がり、そして、人々の関心は先へ先へと移っていきます。

 マルゼンの携わるフード・マーケットも、今日にいたるまで日進月歩の成長を続けた結果、多種多様な形態のサービスを生み出し、今なお変化を続けています。それはホテルやレストランなどの外食、コンビニエンスストアや弁当店などの中食、学校・病院・福祉施設などの集団給食まで多岐にわたります。人のいるところすべてにフード・マーケットが存在し、変化を続けているのです。


マルゼンは、時代を読む力でこの先を予見します

 例えば厨房機器の評価は「いかに手間をかけずに、コストをかけずに美味しい料理を提供できるか」という言葉に集約されます。それは、使いやすく、低コストで、安全性の高い厨房システムの企画・設計・提案。さらに特注対応可能な製造部門、即納体制の物流部門、安心の要であるサービス部門までの充実した体制で完成します。

 マルゼンが機器の開発だけで済む時代は終わりました。いまやマルゼンは、厨房機器開発にとどまらず、厨房設計、メニュー提案まで・・・「食」の未来に繋がる情報を発信し続けています。食に携わるあらゆるお客様の未来を創る、それがトータルキッチンプランナー・マルゼンの果たすべきことなのです。大地を耕すごとく、実り豊かな将来のために。



表現されたカタチ。
マルゼンの後にニーズが生まれる。

 

 

企画からケアまでトータルで
キッチンをクリエイトする。

 時代はどこに向かっているのか、人々は何を求めているのかをキャッチすることで、時代のニーズ・人のニーズが見えてきます。これを掴んだとき、マルゼンの創る厨房、機器の設計の大部分は完成したといえるかもしれません。
 マルゼンのものづくりは厨房の企画設計から始まっているのです。

「顧客第一主義」にもとづく企画・設計

 マルゼンの企業理念は「顧客第一主義」。お客様が何を目指し、そのためにどのようなサービスを実現したいのか。そのすべてをヒアリングし、お客様の業種や業態、規模に最適な厨房プランをご提案させていただきます。もちろん合理的で安全、しかも快適な環境で心地よく調理を行っていただかなければなりません。
 さらにイニシャルコストの低減やライフサイクルコスト(ランニングコスト・運営コスト・メンテナンスコスト)を考慮しなければならないのは、いうまでもありません。

お客様にとってベストな機器を選定

 機器の選定においては、合理化、省エネルギーによるローコスト、HACCP対応による安全性の確保など、様々な課題をクリアーさせます。そこでは自社製品はもちろんのこと、時にはお客様専用の機器開発も必要ですし、世界からも優秀な機器を選定、配置します。

システムを生きたものにする施工/保守管理

 全国を網羅する事業所のサービスネットワークで、機器・厨房の施工・保守はもとより、マルゼンがお勧めした機器やシステムが100パーセント機能して、お客様の経営に貢献すべく、運営を管理・アドバイスいたします。

 

 このようにマルゼンは、使う人の声を反映したプランニングでニーズをカタチにすることから、使う人の心を満たすサービス、ケアまで、一貫したシステムで対応。そして、私たちが創造したカタチが、新たなシーズとなりこれからのニーズを生む、その先を創造していきます。



見える、分かる!いま必要なもの、次に来るもの。

 

−トータルプレゼンテーションでチャンスを掴む−

 

いつもお客様の心を
いちばん良く知っていたい。

 情報の多様化で、知りたいコト・知らせたいコトが容易に収集・発信できるようになりました。それに依存しすぎることで、心と心のコミュニケーションが希薄になったような気もします。
 マルゼンは人とのふれあいこそが基本だと考えます。「食」を通して輪が広がり、お客様の繁栄とともにマルゼンも成長する。これはマルゼンの企業理念そのものです。そのためには膨大なマーケッティングデータを駆使して作られた企画書も、最新鋭の機能を誇る機器のスペックデータも、それだけでは十分ではありません。

 

フードサービスのコミュニケーションスペース
「テストキッチン」

 そのためマルゼンは全国の主要事業所にテストキッチンを開設。キッチンに関するさまざまな情報交換、コミュニケーションの場としてご利用いただいております。
 私たちのテストキッチンにはふれあいがあふれています。製品を見る場としてではなく、実際に使う場を演出。話題のマルゼンの新製品を見て、触れ、「この機器を使用して、どんなメニューを、どう提供するか」を考えるとき、お客様の笑顔が自ずと実感できることでしょう。

ともにビジネスチャンスを発見する「セミナー/イベント」

 これはテストキッチンだけではありません。スチームコンベクションオーブン「スーパースチーム」を用いた調理講習会、ベーカリーオーブン「フジサワ・プリンス」「ベーカーシェフ」を用いた製パン講習会などの調理セミナーを全国各地で、定期的に実施。さらにはホテルレストランショーやモバックショーなど全国主要都市で開催される社外イベントにも積極的に出展。お客様との活発なコミュニケーションを積み重ねています。
 単にメニュー、レシピのハウトゥーをお伝えするだけでなく、日頃マルゼンが収集したマーケットニーズの変化から、同業他社の動向まで最新の情報をもとに、お客様とともに考え、ビジネスチャンスを発見していきます。

 

提案のある実践型「展示即売会」の開催

 積極的なお客様とのコミュニケーションは、定期的な「展示即売会」に、より実践的な形として表れています。ただ製品を販売するだけでない、コンサルティングセールスで「お客様にとって、いま、本当に必要な機器は何なのか」をともに考え、もちろん即売会ならではのご提供価格を含めて、最適の1台をセレクト。かならずご満足いただける結果にご好評をいただいています。

 



半世紀にわたる
マルゼンの
ものづくりの精神。

 

お客様のニーズが活きた製品開発。

 長大な時の流れの中で腕は磨かれ培われ、職人技が誕生します。その技を絶えすことなく、さらに磨きをかけることで新たな技術が生まれます。
 総合厨房機器メーカーとしてマルゼンは、あらゆる厨房機器を製造しているといって過言ではありません。しかし、お客様にとってはひとつだけの機器。心地よく、使いやすく、ローコストで・・・と結果が求められるのは当然。そこにマルゼンのクラフトマンシップが発揮されます。

これからもマルゼンの歴史は厨房機器の歴史

 厨房機器進歩の一翼を担って来たといえるマルゼンの優れた技術開発力。数々の特許や実用新案を取得した実績のある技術開発力は、常に独創的、革新的なアイディアを創り出してきました。
 例えば、調理において"勘"に頼ることなく誰が調理しても常に同じ味をサービス可能な機器や、エルゴノミクスデザインを取り入れた作業性の良い機器の開発。さらには感性の領域まで踏み込んだ調理人にとって心地よいデザインの研究等々。しかし、それはユーザーのニーズがあってのことであり、お客様のご要望に応えるためのもの。必要があれば、そのお客様専用の機種さえ実現します。

お客様から始まるマルゼンの「キッチン・クリエイト」

 いまマルゼンが取り組んでいるのは、「省エネ、エコロジー、高機能」など時代のニーズにマッチした厨房機器の開発。これを製品というかたちにするには、これまで培ってきたノウハウはもとより、将来を見据えたマーケティング、日々変化を続けるユーザーニーズに敏感に反応できる感性、そして直接お客様と接することで得られるデータまで、これらの膨大な蓄積です。
 マルゼンは、これまでのノウハウを大切にこれからへとその技を培っていきます。研究・開発から製造まで、それは一人の営業マンがお客様をお訪ねしたときから、マルゼンの「キッチン・クリエイト」は始まっています。そして、すべての行程に一貫した意志と情熱が息づく、マルゼンブランドをお届けします。

 



クオリティとスピード。ともに最優先。

 

国内随一の最新鋭設備を導入。
コストダウンを推進して低価格提供。

 お客様が必要とする厨房システムをトータルに、しかも短納期で、時には特注対応で提供すること・・・マルゼンの答えは、製造部門における多品種少量生産体制の充実です。
 そのためにマルゼンは、最新鋭の自動化システムを配備したスピーディな生産ラインを実現。省力化をはじめコストダウンをはかることで、低価格でのご提供を可能にしています。製造を担当する子会社マル厨工業の3工場は九州、東北、関東にバランスよく配置され全国をカバー。地域に密着した生産体制を整えています。

多品種・少量生産、高品質
さらにお客様の個性にあわせた最適な一台まで

 効率化だけを追い求めるばかりに画一的な製品を提供するのではなく、お客様の個性にあわせた最適な1台をも提供できる。それが現代の多様化、複雑化したニーズに適応する「お客様に役立つ」メーカーといえ、マルゼンの考える「顧客第一主義」がここにもあらわれています。
 また、高度に自動化された生産ラインは同時に、作り出される製品の厳密な精度と品質を約束。この、トップブランドとしての品質、生産管理体制の維持とさらなる強化に努める体制は、製造子会社マル厨工業首都圏工場における、品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」認証の取得に表れています。

 

マル厨工業(株) 首都圏工場
(ISO9001認証取得工場)

埼玉県春日部市下柳1286−1

マル厨工業(株) 九州工場

福岡県八女郡広川町大字日吉1164−38

マル厨工業(株) 東北工場

青森県十和田市大字米田字山日向23−1



時代と、お客様と、
密接なコミュニケーション。

 

ユーザーニーズを捉え、お客様のご要望に耳を傾け、製品を開発し、お客様にお届けする、この当たり前の一連のアクションが滞ることなく機能するのも、コミュニケーション。
マルゼンは心のコミュニケーションをメインテーマに、お客様のこれからをプロデュース。
使いやすい、働きやすい環境をお届けします。

 

企画からケア、そして新たな提案。
全国89事業所・サービス拠点網。


 マルゼンは全国を網羅する拠点網を駆使して独自の流通ネットワークを築き、マーケットニーズを先見した提案型営業を展開。しかも「直販」と「ルート販売」の営業体制を敷いています。
  これは、食のマーケットの拡大にともなうユーザーニーズの多様化に対応するためです。厨房機器とひとくちに言っても、ホテルやレストランの厨房、スーパーマーケットのバックヤード、学校給食センター、病院のセントラルキッチンなどその用途は多岐にわたります。そしてその用途ごとに存在する多様なユーザーニーズは、世の中の流れに応じて常に変化し続ける時代なのです。こうした時代の要求をいち早くキャッチしてご提案するのが、第一線で活躍する営業マンです。
  その活動は官公庁や企業、学校、病院、福祉施設から給食センター、そして和・洋・中・エスニックの各種レストランはもちろん、ファミリーレストラン、居酒屋などの外食チェーン、コンビニエンスストア、さらに結婚式場やホテル、ゴルフ場、テーマパークなどのレジャー施設まで広くバラエティに富んでいます。この活動から生み出されたキッチンシステム、厨房機器は迅速にお客様のもとに届けられます。そしてアフターケア。ここから再びマルゼンのご提案がうまれます。日々変化を続けるニーズに対応するためには当然のことなのです。

 

日本全国を、海外をむすぶ
オンラインとコミュニケーション

 マルゼンでは、いつも人が真ん中にいます。その人は、お客様、その先にいるユーザー、そして、マルゼンの社員ひとりひとり。皆がひとつにコミュニケーションが出来てこそ、理想的なキッチンがうまれるとマルゼンは考えます。
 マルゼンはいち早く全国ネットワークをコンピュータでオンライン化し、お客様の情報、ユーザーのニーズを一元化。それが研究開発にも活用され、受注から短納期納品までを、コミュニケーション、情報の両面から強化してきました。本社管理部門、各地の事業所に至るまで、社員の誰もが同じ情報を同時に共有することで広がる輪は、今では海外にまで及んでいます。
  平成25年9月、台湾に続いてタイへも進出を果たすことができました。もちろんそれら海外マーケットで得られた情報も国内へと還元、世界の、新しい食文化創造のための努力を続けています。トータルキッチンプランナーとして、世界のお客様のお役に立つべく活動を展開しているのです。

 

独自の物流部門が完全・安心施工。

 マルゼンが独自の物流部門を備えているのも、お客様のため。北海道から九州までを網羅すべく全国7ヶ所に物流拠点を設け、迅速な納品を可能とする配送体制を確立しています。しかも配送するだけではありません。お届けする製品が間違いなく作動しなければ、キッチンは成り立ちません。そのためにも、単なるドライバーではない、機器のことを熟知したドライバーが全ての現場に搬入・据付けを行います。
 お客様に安心してマルゼン製品をご使用いただくために、完全な設置を確認してこそ、スピーディな物流だとマルゼンは考えます。

 



会社の経歴

 
昭和36年 3月 渡邉昌彦が渡辺商事株式会社を東京都荒川区町屋に設立、燃焼器具の製造と販売を開始
昭和39年 4月 横浜営業所(現横浜支店)を開設
昭和39年 7月 本社を東京都荒川区荒川に移転
昭和39年 9月 販売量増加により生産業務確立のため埼玉県越谷市に工場を建設
昭和40年 4月 商号をマルゼン燃器製造株式会社に変更
昭和42年 4月 本社を東京都荒川区西日暮里1−49−11に移転
昭和46年 7月 大阪営業所(現大阪支社)を開設、同所にショールームを開設
昭和46年12月 広島営業所(現広島支店)を開設
昭和48年 8月 福岡営業所(現福岡支店)を開設
昭和50年 3月 宇都宮営業所を開設
昭和50年10月 生産拡充のため越谷市南荻島に第二工場を建設
昭和51年 9月 商号を株式会社マルゼンに変更
昭和53年 7月 千葉営業所(現千葉支店)を開設
昭和54年 2月 卸専門の東京ルート営業所(現首都圏ルート支社)を開設
昭和54年 4月 八王子営業所(現立川営業所)を開設
昭和54年 9月 四国営業所(現松山営業所)を開設
昭和54年 9月 生産拡充のため埼玉工場を建設
昭和54年10月 本社営業課を独立させて東京営業所(現東京支社)を開設
昭和55年 2月 東北営業所を開設
昭和57年 3月 北海道営業所(現札幌営業所)を開設
昭和57年 7月 新潟営業所を開設
昭和57年 8月 大宮営業所(現大宮支店)を開設
昭和58年 5月 名古屋営業所(現名古屋支社)を開設
昭和58年 8月 鹿児島営業所を開設
昭和59年 3月 本社を東京都荒川区西日暮里1−3−7の新社屋に移転し、研究開発部、東京営業所、東京ルート営業所を集約し、ショールームを開設
昭和59年 9月 熊本営業所を開設
昭和60年 5月 岡山営業所を開設
昭和60年10月 北陸営業所(現金沢営業所)を開設
昭和61年 2月 関連会社マル厨工業株式会社を設立
昭和61年 4月 静岡営業所を開設。埼玉工場の配送設備部門を独立させて東日本物流センターを開設
昭和61年 9月 盛岡営業所、長崎営業所を開設
昭和61年11月 九州工場を福岡県八女郡広川町に建設
昭和62年 3月 神戸営業所を開設
昭和62年 4月 大分営業所を開設
昭和62年 6月 マル厨工業株式会社九州工場が本操業を開始し、同所に西日本物流センターを開設
昭和62年 8月 埼玉営業所(現さいたま営業所)、久留米営業所、宮崎営業所を開設
昭和62年 9月 西東京営業所(現吉祥寺営業所)を開設
昭和63年 3月 旭川営業所、茨城営業所(現水戸営業所)、堺営業所を開設
昭和63年 8月 高松営業所、北九州営業所を開設
昭和63年 9月 豊橋営業所を開設
昭和63年11月 沖縄営業所を開設
昭和63年12月 群馬営業所を開設
平成 元年 3月 福岡ショールームを開設。函館営業所、福島営業所(現郡山営業所)、山口営業所を開設
平成 元年 4月 千葉ルート営業所(現船橋支店)を開設、近畿物流センターを京都府京田辺市に開設
平成 元年 5月 長野営業所を開設
平成 元年 8月 京都営業所を開設
平成 元年 9月 東京ルート営業所を首都圏ルート支店に昇格。三重営業所、帯広営業所を開設
平成 2年 3月 北見営業所を開設
平成 2年 4月 東京南営業所(現渋谷営業所)を開設
平成 2年 9月 山陰営業所(現島根営業所)、青森営業所を開設
平成 3年 3月 岐阜営業所、山形営業所を開設
平成 3年 6月 東北ショールーム、東北物流センターを開設
平成 3年 9月 和歌山営業所、高知営業所を開設
平成 3年10月 苫小牧営業所を開設
平成 3年11月 小田原営業所を開設
平成 4年 3月 福井営業所を開設
平成 4年 9月 小山営業所を開設
平成 4年10月 姫路営業所を開設
平成 4年12月 木更津営業所を開設
平成 5年 3月 秋田営業所、福山営業所を開設、北海道ショールームを開設
平成 5年11月 都城営業所を開設
平成 6年 2月 本社を東京都台東区根岸2−19−18に建設し移転。首都圏ルート支店、海外事業課、東京支店、研究開発部も同時に移転。ショールームを開設
平成 6年 9月 長岡営業所、滋賀営業所を開設
平成 6年10月 中四国物流センターを開設
平成 7年 9月 熊谷営業所を開設
平成 7年10月 つくば営業所を開設
平成 7年10月 株式を店頭公開
平成 8年 3月 品川営業所(現品川支店)、富山営業所、徳島営業所を開設
平成 8年 7月 名古屋ショールームを開設  
平成 8年 9月 古川営業所、会津営業所、松本営業所、首都圏サービス開設
平成 9年 6月 奈良営業所を開設
平成 9年 7月 延岡営業所を開設
平成 9年 9月 八戸営業所、鳥取営業所を開設
平成 9年10月 中四国ショールームを開設
平成10年 3月 山梨営業所を開設
平成11年 2月 株式を東証2部に上場
平成11年 3月 マル厨工業株式会社が青森県十和田市に東北工場を建設し、同所に北日本物流センターを開設
平成13年 2月 埼玉工場がISO9001認証取得
平成13年 3月 名古屋営業所を名古屋支店に昇格
平成14年 3月 大阪営業所を大阪支店に昇格
平成15年 4月 株式会社フジサワ・マルゼンを設立。株式会社フジサワより営業譲渡を受け、主に製パン製菓機械の製造販売を開始
平成16年 3月 埼玉工場をマル厨工業株式会社に統合
平成16年 4月 相模原営業所を開設
平成17年 3月 江東営業所、浜松営業所を開設
平成17年 9月 中部物流センターを開設
平成18年 3月 代表取締役社長に、渡辺恵一が就任
平成19年 5月 埼玉県春日部市にマル厨工業株式会社が新工場を建設し、旧埼玉工場が首都圏工場と名称変更し移転。同所に東日本物流センター、及び研究開発部門も移転
平成20年 3月 池袋営業所、豊中営業所を開設。マル厨工業首都圏工場がNSF認証取得
平成23年 3月 石垣出張所を開設
平成24年 3月 官需営業所、佐賀営業所、釧路出張所を開設
平成25年 3月 三島営業所を開設
平成25年 9月 関連会社 Maruzen(Thailand) Co.,Ltd(マルゼン・タイ)を設立
平成26年 3月 足立営業所を開設
平成27年 3月 東大阪営業所を開設
平成27年 3月 横浜営業所を横浜支店に昇格
平成27年 3月 福岡営業所を福岡支店に昇格
平成28年 3月 新宿営業所を開設
平成28年 3月 首都圏支店、東京支店、名古屋支店、大阪支店を支社に昇格
平成28年 3月 品川営業所、大宮営業所、千葉営業所、船橋営業所、広島営業所を支店に昇格

 


会社概要

 

商号 株式会社マルゼン  MARUZEN CO.,LTD.

 

本社 東京都台東区根岸二丁目19番18号  TEL03-5603-7111(代)

 

設立 昭和36年3月

 

資本金 31億6,495万円

 

代表者 代表取締役社長 渡邉恵一

 

業務

 業務用厨房機器の製造・販売 業務用厨房設備の設計・施工

 ホテル・レストラン厨房設備一式 学校・病院・福祉施設・事業所給食設備一式

 厨房付帯工事一式 厨房機器輸出入 冷蔵・冷凍装置一式

 冷暖房装置の設計・施工 店舗の企画設計・施工

 

許可・登録 

 国土交通大臣許可管工事業(般−23)第14034号

 (社)公共建築協会 評価第073-01601207号

 

事業所 

 本社、90支社・支店・営業所、7物流センター

 

関連会社

 マル厨工業株式会社(九州工場、東北工場、首都圏工場)

 台湾丸善股イ分有限公司

 株式会社フジサワ・マルゼン

 

 

「2017年度新卒者採用情報」 に戻る