スチームコンベクションオーブン(スチコン)とは、コンベクションオーブン(ファンにより熱風を強制対流させるオーブン)に、蒸気発生装置を取り付け、熱風または蒸気をそれぞれ単独で利用して、「焼く」「蒸す」が。また、同時に利用することで、「煮る」「炊く」「炒める」などが出来る、多機能な加熱機器です。
しかし、多機能ゆえに、「うまく使いこなせない」「メニューアイテムが増えない」などの意見も聞かれます。
やはり最初に、機器の特徴や機能をキチンと把握することが大切。
せっかくのスチコンですので、基本をしっかりと押さえて、フルに活用したいもの。
と、言う訳で、「スチコン基礎講座」の開始です。


最初に「調理モード」を覚えましょう。

これから行いたい調理に応じた機能(調理モード)を選びます。
大きく分けて、次の4つのモードがあります。
調理モード(調理方法)の解説
熱風モード 「熱風」をファンで庫内に循環させて、食材を焼く、ローストするなど
スチームモード 「蒸気」をファンで庫内に循環させて、蒸す料理に利用
コンビネーションモード 「熱風」と「蒸気」を同時に庫内へ取り込み、ファンで循環させて加熱する。蒸気量もコントロールできるため従来のオーブンや蒸し器では出来ない料理なども調理可能。主に湿度調節しながら焼く・煮る・炒めるなど
再加熱モード コンビネーションと同様に蒸気と熱風の組合せで加熱する。主に加熱済み商品の温め直しに利用
どうやら「コンビネーションモード」というのが、クセモノらしい予感がします。
次に各モードをもう少し詳しくみて行きましょう。