商品の開発
昭和36年 3月 業務用石油ガスバーナーを開発
昭和38年10月 中華料理店用ステンレス製レンジを開発
昭和40年 3月 ステンレス総合厨房器具(冷凍装置を含む)のメーカーとして製造販売に着手
昭和45年 4月 独立混合管方式のガスバーナーを開発
昭和48年 5月 ゆで麺機を開発
昭和49年 8月 内管式中華レンジMRシリーズを開発
昭和50年 3月 瞬間給湯式日本そば釜を開発
昭和51年10月 ガステーブルコンロ「飯城」を開発
昭和53年 8月 ガステーブルコンロ「ニュー飯城」(自動点火)を開発
昭和54年 1月 ガスレンジ、ガステーブルの両シリーズを開発
昭和56年 1月 省エネタイプのフライヤー(現スタンダードシリーズ)を開発
昭和56年 5月 省エネタイプのゆで麺機「はやわき」シリーズの製造販売を開始。自動点火方式、省エネタイプの湯煎、消毒槽シリーズを開発
昭和56年 7月 低価格中華レンジMRNシリーズを開発
昭和56年 8月 トップステンレスのガステーブルシリーズを開発
昭和56年10月 トップステンレスのガスレンジシリーズを開発
昭和57年 8月 ガステーブルコンロ「親子」シリーズを開発
昭和58年 2月 グリドルシリーズを開発
昭和58年 3月 ファイヤースクリーンバーナーを開発
昭和58年 6月 板金製品のデザインを一新してシリーズの多様化をはかり、製造販売を開始
昭和58年 8月 卓上型の餃子焼器シリーズを開発
昭和58年10月 スクリューブラストバーナーとブラストバーナー中華レンジを開発。うどん釜シリーズとスパゲティ釜シリーズを開発
昭和59年 3月 ゆで麺機を全面改良し、新製品も含めたラーメン釜シリーズとして開発
昭和60年 3月 規格板金製品のシリーズを充実し、準規格を含め235機種とする
昭和60年 4月 上火式焼物器「スピードグリラー」シリーズを開発
昭和60年12月 本格派餃子焼器シリーズを開発
昭和61年 5月 高級板金「エクセレント」シリーズ305機種を開発
昭和61年 7月 コンべクションガスレンジ、ガステーブルの「パワークック」シリーズを開発
昭和61年11月 下火式焼物器「炭焼き」シリーズを開発
昭和63年 6月 板金製品「ブリームシリーズ」を開発
昭和63年 8月 食器洗浄機「トップクリーン」シリーズを開発
平成元年  7月 コンベクションオーブン「ビックオーブン」シリーズ4機種を開発
平成 2年 3月 冷凍麺釜(自動点火)シリーズを開発
平成 3年 4月 電気式の食器消毒保管庫を開発
平成 3年 9月 コンピュータ搭載のハイグレードなエクセレントシリーズ「フライヤー」を開発
平成 4年 7月 高性能を誇る最新鋭機器スチームコンベクションオーブン「スーパースチーム」シリーズを開発
平成 5年 6月 ガス立体炊飯器を開発
平成 5年 9月 本格派ガスレンジ「ヘリオス」シリーズを開発
平成 5年10月 強制熱排気式本格中華レンジ「龍神」シリーズ10機種を開発
平成 5年12月 食器洗浄機「トップクリーン」シリーズにラックコンベアタイプを開発
平成 6年 1月 コンベクションオーブンに「ツインフローオーブン」を追加
平成 6年 6月 電磁調理器シリーズ「IHクリーンコンロ」を開発
平成 6年11月 ガス自動餃子焼器シリーズを開発
平成 7年 8月 連続自動フライヤーシリーズと電気自動餃子焼器シリーズを開発
平成 7年 9月 電気卓上ウォーマーシリーズを開発
平成 8年 7月 蒸し器3シリーズを開発
平成 9年 2月 電気フライヤー2シリーズを開発
平成 9年 4月 コンベアオーブン「スーパースピード」シリーズを開発
平成 9年 5月 包丁まな板殺菌庫、自動ゆで麺機を開発
平成 9年 8月 ガススチームコンベクションオーブン「ガススーパースチーム」を開発
平成 9年11月 湿温蔵庫シリーズを開発
平成 9年12月 大型食器洗浄機シリーズの販売を開始
平成10年 8月 電気小型連続自動フライヤー、ガススチームクッカーを開発
平成10年10月 食器ディスペンサーと電気ピザオーブンを開発
平成10年11月 後方排気式中華レンジを開発、外管式中華レンジMRNシリーズを全面改良し、MRSシリーズとして製造販売を開始
平成11年 3月 パワークックガスレンジ、ガステーブルシリーズに内部炎口バーナー搭載タイプを開発
平成11年 4月 下火式焼物器「炭焼き」シリーズに赤外線バーナータイプを追加
平成11年 5月 電気式蒸し器3シリーズを開発
平成11年 6月 スピードグリラーシリーズに両面式タイプを追加
平成11年 7月 電気ウォーマーテーブルと電気ディッシュウォーマーテーブルを開発
平成11年10月 ベーカリーオーブン「ベーカーシェフ」シリーズとして、「デッキオーブン」「ホイロ」「コンベクションオーブン」を開発。学校給食用コンテナ、学校給食用移動配膳台、厨房用ワゴン、配膳用ワゴンを開発
平成12年 2月 連続炊飯システム「マックスライサー」シリーズの販売を開始
平成12年 3月 「マルゼンシェルフ」「オールマイティカート」「配膳カート」「病院用配膳車」を開発
平成12年 9月 貯米庫「ライスタンク」を開発
平成13年 1月 冷凍麺釜を全面改良。生めん用麺釜、ハイグレードゆで麺機を開発
平成13年 3月 「スーパースチーム」の電気式を全面改良
平成13年 4月 電気フライヤーにオートリフト機能付機種を追加
平成13年 7月 「ベーカーシェフ」シリーズにミニデッキオーブンを追加
平成13年10月 無煙ロースター、電気上火式焼物器を開発
平成13年11月 「ガススーパースチーム」の06、10型を全面改良と機種を追加
平成14年 1月 食器消毒保管庫を改良、シリーズを充実し、製造販売を開始。器具消毒保管庫を開発
平成14年 4月 ガスレンジ「ヘリオス」シリーズを全面改良、「ニューパワークック」シリーズとして製造販売を開始。食器洗浄機「トップクリーン」シリーズにフライトコンベアタイプ、フラットコンベアタイプを開発
平成14年 6月 介護用浴槽「ケアバス」を開発
平成14年 7月 電気グリドル、電気マルチグリドルを開発
平成14年 9月 「電気スーパースチーム」の20、40型を全面改良、24型を追加
平成15年 3月 電磁フライヤーシリーズを開発。作業設備機器「ハイグレードシリーズ」を開発
平成15年 4月 「ガススーパースチーム」シリーズに24、20、40型を追加
平成15年 8月 電磁調理器「IHクリーンコンロ」に2.5kWシリーズを追加
平成15年 9月 パワークックガスレンジ、ガステーブルシリーズにスーパーバーナー搭載タイプを開発。ガス卓上エプロン式コンベアフライヤーを開発
平成15年11月 電気コンベクションオーブン「ビックオーブン」を開発
平成16年 4月 温冷配膳車を開発
平成16年 8月 ベーカーシェフシリーズ「コンベクションオーブン」に改良10型を追加。ガス回転釜を開発
平成16年10月 下火式焼物器「本格炭焼き」を開発
平成16年12月 IH炊飯器、回転式麺ボイラーを開発
平成17年 1月 電磁調理器「IHクリーンコンロ」に業界初の6kWシリーズを追加
平成17年 2月 「ガススーパースチーム」シリーズに04、05型を追加
平成17年 4月 電気ゆで麺機4シリーズを開発
平成17年 6月 電磁調理器「IHクリーンコンロ」に業界初の単相3kWシリーズを追加。本格中華レンジ「龍神」シリーズを全面改良。「スーパー龍神」「デラックス龍神」シリーズとして開発
平成17年10月 低輻射ローレンジを開発
平成18年 1月 電気ゆで麺機3シリーズを開発
平成18年 2月 ユニットワゴンを開発
平成18年 3月 ベーカリーデッキオーブンを「プリンスシリーズ」として全面改良。昇降式食器消毒保管庫、ガスオートリフトフライヤー、ドーナツフライヤーシステムを開発。
平成18年 6月 ブラスト中華レンジを開発
平成18年10月 スーパースチーム「シンプル」シリーズを開発
平成19年 2月 ベーカーシェフシリーズに小型のMシリーズを追加開発
平成19年 4月 ガス低輻射フライヤーを開発
平成19年 8月 大型洗浄機4シリーズを開発
平成19年10月 ガス反転スパゲティ窯を開発
平成20年 2月 電気式麺釜(丸釜タイプ)を開発。電磁調理器「IHクリーンコンロ発光スケルトンタイプ」を開発
平成20年 3月 IHうどん釜・そば釜を開発
平成20年 7月 エコタイプ食器洗浄機を開発。ベーカリーコンベクションに貯水タンク式追加。ホットワゴンを開発
平成20年 9月 電気焼物器、電気サラマンダーを開発。
平成20年12月 調理実習台を開発。
平成21年 1月 スーパースチーム「エクセレント」シリーズを開発。
平成21年 2月 ロータリークッカー(回転炒め機)、IH餃子焼器、電気ミニフライヤーを開発。
平成21年 4月 電磁調理器「IHクリーンコンロ単機能低価格シリーズ」、IH卓上エプロン式コンベアフライヤーを開発。
平成21年 7月 箸殺菌庫、IH中華レンジ、IHラーメン釜を開発。IHスープレンジに10kWシリーズを追加。
平成21年 9月 IHオートリフトフライヤー昇降リフトタイプ、圧力式電気自動餃子焼器、ヘルシースピードオーブンを開発。
平成21年12月 TTホットクッカーを開発。電磁調理器「IHクリーンコンロ」にインジケーター搭載機種を追加。
平成22年 1月 ブラシ槽付コンベア洗浄機を開発。
平成22年 2月 IHレンジ・IHテーブル、ホットショーケースを開発。ベーカリーデッキオーブン「プリンスシリーズ」にレンガ仕様、乱形石仕様を追加。
平成22年 5月 ガスコンベクションオーブン「ビックオーブン」に小型の5T型を追加。
平成22年 6月 スチームコンベクションオーブン「スーパースチーム」に洗浄機能付を追加。
平成22年 7月 クリーンロッカーを開発。
平成22年 9月 涼厨自動ゆで麺機と涼厨角槽型ゆで麺機を開発。
平成22年10月 IHスープレンジ10kWシリーズに水栓付き仕様を追加。
平成22年12月 電磁調理器「IHクリーンコンロ単機能低価格シリーズ」に5kWタイプを追加。
平成23年 2月 スーパースチーム「エクセレント」シリーズに20型を追加。IH中華レンジに本格仕様を追加。
平成23年 4月 涼厨仕様エコタイプ食器洗浄機を開発。
平成23年 5月 涼厨仕様スパゲティ釜を開発。
平成23年 6月 スピードジェット、電気たい焼器を開発。
平成23年 7月 自動餃子焼器に6人前1口タイプを追加。
平成23年 9月 ヒートランプウォーマー、ガスたこ焼器を開発。
平成23年10月 カゴごと洗浄機を開発。涼厨フライヤーに30型、40型、30W型、卓上型を追加。スーパースチーム「エクセレント」シリーズ20型にパススルータイプを追加。
平成24年 4月 電気多目的焼物器を開発。
平成24年 5月 IH中華レンジ放射温度計仕様を開発。
平成24年 6月 IH卓上フライヤー、釜めしコンロ、エコタイプ食器洗浄機(ガスブースター一体式)を開発。
平成24年 9月 天吊り式コンテナ消毒装置、調乳システム、テーブル型食器消毒保管庫を開発。中型コンベア洗浄機に加熱装置無し機種を追加。
平成25年 2月 スーパースチーム「スタンダード」および「シンプル」シリーズにコンパクトタイプを追加。涼厨フライヤーに奥行450mmタイプを追加。ハイブリッドオーブンを開発。
平成25年 3月 電気卓上ウォーマー(小型)を開発。
平成25年 4月 電磁調理器「IHクリーンコンロ」コンパクトシリーズを開発。
平成25年 7月 ヨーロッパ窯「レーヴ」、パティスリーオーブン「エスポワール」を開発。
平成25年 8月 スピードジェットに標準タイプ、ピザタイプを追加。スタッキングカートを開発。
平成25年 9月 スマートコンロ、電気サラマンダー「石英管ヒーター」を開発。
平成25年10月 スーパースチーム「スタンダード」シリーズに風量切換機能を新搭載。
平成25年12月 テーブル型湿温蔵庫を開発。
平成26年 1月 ベーカーシェフMシリーズに扉下開き仕様ミニデッキオーブンを追加。
平成26年 2月 コンパクトコンベア洗浄機を開発。
平成26年 3月 IH丸型フライヤーを開発。ドアタイプ洗浄機に貯湯タンクヒーターハイパワータイプを追加。
ドアタイプ洗浄機(ガスブースター一体式)に水道直結タイプを追加。スマートテーブルを開発。
平成26年 6月 食器消毒保管庫、器具消毒保管庫に2点感知式センサー仕様を追加。
平成26年 7月 電磁調理器「IHクリーンコンロ」にJFEA適合登録機種を追加。温冷配膳車(自走式)にバンパーセンサー仕様を追加。
平成26年 8月 スチームコンベクションオーブン「スーパースチーム」にロング脚タイプを追加。およびUSBメモリー接続ユニットを開発。
平成26年 9月 蒸気式食器消毒保管庫・器具消毒保管庫を開発。「ニューパワークックシリーズ」にチャーブロイラー奥行600mmタイプを追加。
平成26年11月 器具・容器洗浄機、涼厨コンベア洗浄機を開発。コンパクトコンベア洗浄機にコンベア幅550mmタイプを追加。
平成26年12月 デリカ向けガス機器を開発。
平成27年 2月 スチームコンベクションオーブン「涼厨ガススーパースチーム」を開発。
平成27年 5月 デリカ向け電気フライヤー、電気卓上蒸し器を開発。スーパースチーム「エクセレント」シリーズに40型を追加。
平成27年 7月 デリカ向け電気フライヤーに架台セット仕様を追加。
平成27年 8月 低輻射フライヤー低油量タイプを開発。
平成27年12月 油ろ過機を開発。
平成28年 6月 電気立体自動炊飯器、電気天ぷらフライヤーを開発。
平成28年 7月 震度感知機を開発。
平成28年 9月 涼厨回転釜を開発。
平成28年10月 涼厨フライヤー低油量タイプに12,20,23ℓを追加。電気多目的焼物器にクラッド鋼板仕様を追加。
平成29年 1月 ドラフト式水圧洗米機を開発。
平成29年 2月 2ラックドアタイプ洗浄機、NEWパワークックガステーブル〈立ち消え安全装置搭載タイプ〉を開発。
平成29年 6月 電気ダブルオートリフトフライヤーを開発。エコタイプ食器洗浄機にアンダーカウンター奥行450mmタイプを追加。
平成29年 8月 食器消毒保管庫に2カゴタイプを追加。
ページトップへ